「ベトナムでAWSの試験を受ける人多分俺しかおらん、、」

今回は「AWSソリューションアーキテクトをベトナム(ホーチミン)で受験した」時の話について書いていこうと思います。
AWSに興味がある方、ベトナムでAWSの試験を受験予定のある方のご参考になればと思います🤓

目次

AWSを勉強しようと思ったきっかけ

そもそもAWSを受験しようと思った理由は「近年AWSがプロジェクトでも採用されるケースが非常に増えて来ており、度々AWSのサービス名がMTGで飛び交う中で、話についていけるようになりたい」と思ったからです🙃

私はSaaSの構築経験等は全くなくAWSも名前だけ知っている程度でした。
今回AWSソリューションアーキテクトを受験するまでに勉強した時間は2ヶ月ほどです。

AWSは無料でアカウントの作成ができ、またサービスの無料利用枠もあるので申し込みの時点で金銭の請求が発生することはないかと思います。
また、日本語のドキュメントもネット上に豊富に存在するのでAWS初心者でも始めやすいと思います。
こちらのURLからAWSの無料アカウントを作成できます。
https://aws.amazon.com/jp/s/dm/landing-page/create-free-account

ベトナムでAWS試験を受験するには?

私は現在ベトナム中部のダナンという場所に住んでいるのですが、私がAWSの試験を受験した時は2019年の5月初旬でして、その当時はテストセンターはハノイとホーチミンしかありませんでした。(今はダナンでもテストセンターが追加されたらしいのですが、私が調べた限りテストセンターが表示されなかったので、要確認ですね😅)
従って、ホーチミンにわざわざ行って受験して来たわけですね(正直めっちゃ面倒くさかったです😅)
受験までの手順は以下の通りです🤓

以下URLから「全てのリージョン」にチェックを入れて「サインイン」をクリック。


https://www.aws.training/SignIn?returnUrl=%2FCertification

AWSのログイン認証画面に遷移するので、必要なIDとパスワードを入れてログイン。

ログイン後、「新しい試験の予約」をクリック


Tranquilpeak

画面右側「PSI試験の管理」をクリック


Tranquilpeak

試験一覧画面から自分の受験したい試験(今回はSolution Architect Associate)の「日程の決定」をクリック(クリック後に複数試験がある旨を記述したポップアップが表示されるので、「続行」をクリック)


Tranquilpeak

試験で使用する言語、テストセンター、受験日時を選択


おしまい

AWS勉強してよかったこと/悪かったこと

勉強してよかったこと

コスパの良い、耐障害性が高いアーキテクチャの提案ができるようになる

AWSの主要サービス(EC2やECS、RDS等)の概要が理解できるようになる

勉強してよくないなと感じたこと

実務でAWSを触らない人にとってはただの暗記ゲーになる

受験料が高い(USD$150くらいかかる)

まとめ

アーキテクチャ設計やインフラエンジニア、またバックエンドエンジニア等AWSサービスを実務で使うことがある方にとってはAWSソリューションアーキテクトの勉強に時間を費やすことは良いかと思いますが、普段業務で使うことがあまりない方にとっては、資格をとって終わりになりそうかなーと個人的に感じました😅
それではまたノシ