route53とはAWSが提供するDNSサービスくらいに考えていました。
実はroute53にはそれ以外にも多くの便利な機能があり、図解を用いてELBをわかりやすく解説できればと思います。
主にソリューション アーキテクト向けで勉強した内容をまとめています。

目次

route53とは

route53とはDNSサービスであり主に3つの役割があるらしい。

Point

  • ドメイン名の管理
  • ドメイン名⇄IPアドレスの名前解決
  • リソースのヘルスチェック&フェイルオーバ機能

さらに、AWSが管理しているのでスケーリング(負荷が高くなったら自動的にサーバ台数増やしたり、サーバ強化したりすること)をしてくれるので高可用性を実現できている

ドメイン名の管理

Point route53、および外部のDNSサービスで取得したドメインもルーティングできる
・route53でドメイン取得をRoute53で行なった場合はRoute53自身が権威サーバとなりHosted Zoneとして登録が可能
・Hosted Zoneとは特定のドメインに対する複数のレコードの集まりを指す
・route53はNSレコードとSOAレコードを自動で生成する
・1つのHosted Zoneは4つのNSレコードを生成する

route53の名前解決のフロー

Tranquilpeak

Point

  1. ユーザからのアクセス先ドメイン情報がDNSリゾルバに送られる
  2. 途中でroute53上のネームサーバにてIP情報を取得しユーザに返却する
  3. ユーザは返却されたIPアドレスから目的のウェブサーバへアクセスする
  4. リクエストに応じて目的のウェブページをユーザに返すことでWebページが閲覧できるようになる

※DNSリゾルバとは.comのようなTop Level Domainを持つルートサーバやそれに紐付くゾーンのネームサーバからドメインとIPアドレス情報を取得しユーザに返却する役割を持つ)

ヘルスチェック機能

Tranquilpeak

Point

  1. 正常に稼働しているのかどうかを判断するために、EC2インスタンス等のリソースに対してroute53がリクエストを送る
  2. レスポンスが正常の場合、そのEC2インスタンスを正常と判断する
  3. レスポンスが異常の場合、異常レスポンスの数をカウントする
  4. カウント数が一定の閾値に達した場合、Cloudwatchにインスタンスが異常だと報告する

フェイルオーバ機能

Tranquilpeak

Point ・route53フェイルオーバ機能により、Route53は異常と判断されたインスタンスにはリクエストを送らず、 自動的に正常なセカンダリインスタンスにルーティングする ように自動的に設定を切り替える

※プライマリサーバが正常に戻った際には、自動的にスタンバイからプライマリに戻る。

フェイルオーバーの仕組み

Point ・Active-Active: プライマリもセカンダリもDNSクエリに回答する。 もしもDNSサーバに異常があればクエリに応答しないようにする
・Active-Passive: プライマリサーバのみが基本DNSクエリに回答する。 もしもプライマリに問題が起きたらセカンダリサーバがクエリに応答する

Aliasレコードとは

Aliasレコードとは route53で使われる仮想のレコードを指す。

Point ・Hosted Zone内リソースのレコードをawsリソース(ELBや,s3,cloudfront等)と紐付ける
Zone Apexの名前解決ではAliasレコードが使われる

※Zone Apexの場合はCNAMEレコードは使えずAliasレコードを使う必要がある

ソリューション アーキテクト認定試験突破のために

Route53について調べると本当にたくさんの記事がヒットしますが、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの試験をクリアするために必要な事項をまとめました。
参考までに今私が勉強の教材として使っている Udemyのおすすめ教材を載せます。
UdemyではAWS以外でもプログラミングに関する動画教材が豊富で 短時間でスキルを身につけるにはとても効率的な教材だと思います。
特にITの業界は学習領域が広いため、短時間で必要な知識を身につけることが重要であるので、その点でもUdemyは非常に優れていると思います:)
オンライン講座で、AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクトアソシエイト試験」に合格しよう!


また、別記事にてAWSリソースについてやダナンでの生活やIT関連についても記事を書いていますのでご興味あればご覧いただけますととても嬉しいです😁

関連記事

【オートスケーリングとは】awsをわかりやすく

オートスケーリングとはawsが提供するサービスで「設定に応じて自動でインスタンスを増減を調整してくれるサービス」程度の認識でした。 それ以外にも多くの便利な機能があり、図解を用いてオートスケーリングをわかりやすく解説できればと思います。 主にソリューション アーキテクト向けで勉強した内容をまとめています。

【ebsとは】awsをわかりやすく

EBS(Elastic Block Storage)とは、EC2インスタンスと共に利用されるAWSが提供するブロックストレージ型仮想ディスクサービスを指します この記事を通してEBSをわかりやすく説明できればと思います 主にソリューション アーキテクト向けで勉強した内容をまとめています。

【elbとは】awsをわかりやすく

elb(Elastic Load Balancer)とは、AWSの運用するロードバランサで負荷分散やヘルスチェックとかで使われるくらいに考えていました。 それ以外にも多くの便利な機能があり、図解を用いてELBをわかりやすく解説できればと思います。 主にソリューション アーキテクト向けで勉強した内容をまとめています。