アプリ開発で一発稼ぎたい人向け。
なぜアプリ開発を副業とする時にKotlinを勉強すべきなのかについて説明します。

この記事は以下のような方を対象者としています。

本記事の対象者

  • アプリ開発で稼ぎたい方
  • 副業の選択肢を増やしたい方
  • アプリ開発で不労所得を考えている方

目次

前置き: 僕のアプリ開発での副業について

Tranquilpeak
これまで僕は合計30個ほど個人で作ったAndroidアプリをリリースしました。 そのほとんどはツール系やゲーム系アプリです。 (開発言語はJava, C#です。)

これまで30個ほどアプリを開発しましたが、副収入としては合計で1,000円くらいしか年間利益が出ていません。

僕のアプリ開発の失敗談、なぜiOSアプリではなくAndroidアプリ開発がおすすめなのかについて

詳しくは下記の記事で解説しているのでそちらをご覧いただけますと幸いです。😅

【アプリ開発】個人開発での副業は98%が失敗する件

アプリ開発を副業にしようと考えている人向け。 なぜ失敗する可能性が高いのか、どうすれば成功できるのかについて本記事で解説します。

Androidアプリはどんな言語で作られるの?

まずはAndroidアプリを作るためにはどのプログラミング言語が必要なのかについて説明します。
Androidアプリ開発のために必要となる言語は以下4種類です。

ポイント

  • Java
  • Kotlin
  • c#(Unity)
  • JavaScript

ではどの言語を選べば良いのかについて順番に説明していきます。

1.Java

Javaは1995年にサン・マイクロシステムズ社によって開発されたオブジェクト指向型プログラミング言語です。
“Write once, run anywhere(一度書いたら、どこでも動く)“と言う言葉の通りWebサービスから業務用サービス、IOTなど幅広い領域で使われる言語です。

元々AndroidアプリでもJavaを使うことがひと昔前までは主流でしたが、今はKotlinに徐々にトレンドがシフトしてきています。

example.java
1
2
3
4
5
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("hello world!");
    }
}

2.Kotlin

KotlinはJetBrains社によって開発されたオブジェクト指向型プログラミング言語です。

Javaよりも書くコード量が少なく、より安全性の高いコードが書けることをウリとしています。

example.kt
1
2
3
fun main() {
    println("hello world!")
}

3.c#(Unity)

c#はMicrosoft社が開発したオブジェクト指向型プログラミング言語です。

Webアプリケーション等を開発する際にも用いられますが、ゲーム開発エンジン(Unity)でモバイルゲームを作る際に使われるのが主流です。

Android向けでゲームアプリを作る際にはこちらの言語を使う必要があります。

example.cs
1
2
3
4
5
6
7
using System;

public class Hello{
  public static void Main(){
    Console.WriteLine("hello world!");
  }
}

4.JavaScript

JavaScriptはオブジェクト指向型スクリプト言語と呼ばれるプログラミング言語です。

1つのソースコードからiOS/Android両方のプラットフォーム向けでアプリが開発できるのでハイブリッド言語とも呼ばれます。

ただし、ネイティブコード(iOS/Androidアプリ向けの専用開発言語、iOSならSwift, AndroidならKotlin)と比較しパフォーマンスが低い傾向にあるのがデメリットです。

example.js
1
2
3
<script>
  console.log("hello world!");
</script>

なぜAndroidアプリはKotlinで作るべきなのか

Androidアプリが様々な開発言語で作れることは上記で説明してきましたが、ではなぜその中でもKotlinを使うのが推奨されるのでしょうか。

その理由について順番にご説明していきたいと思います。

1.Kotlin製のアプリは性能が高い

上記Kotlin言語のところでも少し書きましたが、KotlinはJavaや他の言語に比べ書くコード量が少ないです。

コード量が少ない = アプリを起動する際のOSへの負担が少ないことになるため、アプリの性能が上がります。

いわゆるサクサク動く、と言うやつです。

2.Kotlin製のアプリはストレージ容量が少ない

続いてアプリ自体のサイズのお話です。

コードが少ないとアプリ自体の容量も小さくなるのでユーザ端末のストレージも少なく済みます。

ダウンロードする際に容量が大きいアプリは嫌がられる傾向があるので、容量が小さいアプリの方がダウンロードしてもらいやすくなります。

3.Kotlin製のアプリはGoogleから推奨されている

3つ目の理由は2017年にGoogleがKotlinをAndroid開発言語の正式言語として採用すると発表したことです。

つまりAndroidのアプリを作るときは基本Kotlinで作って欲しいというGoogleからのお願いということになります。

今後、KotlinライブラリへのサポートはGoogleは積極的に行われるかと思います。

逆にJavaはAndroid開発では徐々にdepreciated(時代遅れ・古い)な非推奨言語として扱われ、将来的にも縮小していくことが予想されます。

プログラミング言語を使わずノーコードでアプリを作って収益化できないの?

ここまで説明してきて急にノーコードって何?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

ノーコードとはその名の通りプログラミングを必要とせずにドラッグ&ドロップでアプリを開発できるサービスのことです。

ノーコードでアプリを作ってそれに広告つければめっちゃ簡単に稼げると思っていたのですが、結論無料ではそれはできないようです。

詳しくは以下別記事で説明しているので、ご覧いただけますと幸いです。

【副収入】ノーコードで楽してアプリ開発して稼ぐためのまとめ

お金をかけずに楽してアプリ開発ができないか色々調査したのでその備忘録。 無料でコードを書かずにアプリを開発し、AdMob(モバイルアプリ収益化サービス)で広告をつけて副収入を得られないか考えている方向けです。

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございました。
結論、Androidアプリで広告つけて副収入稼ぎたいならKotlinを勉強するのが一番初期費用も安く抑えられローリスクで始められるのでおすすめということになります。

僕のブログサイト「kzy.tech〜日本脱出のための教科書〜」どのようなサービスで作られているかが気になる方は以下別記事にてご説明していますので、ご覧いただけますと小躍りして喜びます💃

【コピペOK】HUGOでアフィリエイト用ブログサイトを作ろう

手間暇かけずにサクッとアフィリエイト用のブログサイトを作りたいという方向け。

ある程度自由にカスタマイズできる、かつコマンド一つで 記事の自動生成ができる静的サイトジェネレータ「HUGO」についてまとめました。

また、海外移住の 英語とプログラミングを習得することを推奨しています。
これは私の経験則から言えることですが、上記二つのスキルがあれば海外移住は絶対に実現できます

以下に僕が実際に使って効率よくプログラミング学習ができるおすすめサービスを載せます😌

速習!おすすめプログラミング勉強法【Udemy】

いくつかプログラミング学習サービスを利用しましたが、一番効率よく勉強できると感じたのはUdemyでした。

Udemyでは動画での説明や解説等もあり親切で、学習教材も豊富にあることから プログラミング初学者の方が短期間でエンジニアを目指したいのであれば、非常に良い教材だと思います。

ちなみに私は文系卒で社会人になってから独学でudemyを使ってプログラミングの勉強をして、実際にエンジニアとして採用されました

Udemyのコースは1つ1,000円ほどなので、ITの参考本を一冊(3,000円)を買うよりもUdemyのコースを購入する方が安い上により効率的にプログラミングを勉強できると思います。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

また、別記事にてダナンでの生活やIT関連についても記事を書いていますのでクリックいただけると嬉しくてムーンウォークしながら寝落ちします💃

関連記事

【Udemy】未経験から始める格安プログラミング講座4選

海外移住を始めて2年ほどが経過しました、日本に住んでいた時と今ベトナムに移住してからとでどのように生活が変わったのかをこちらの記事にまとめていこうと思います。

【Udemy】未経験から現場で活躍できるエンジニアになるための実践プログラミング講座5選

プログラミング未経験だけどエンジニアになりたい方向けで記事を書きました。 実際にUdemyを受講してエンジニアになった経験から、実務で必要とされる知識を学べるUdemyのおすすめ講座をこちらの記事でご紹介できれはと思います。 中には無料で受けられる講座もあるので、興味のある方必見です😄

【無料で学べる】Udemyのおすすめフロントエンド講座4選

海外移住を始めて2年ほどが経過しました、日本に住んでいた時と今ベトナムに移住してからとでどのように生活が変わったのかをこちらの記事にまとめていこうと思います。