現在ブロガーとして活動されている方への記事です。

継続してブログを書き続けていても閲覧数が伸びず悩んでいる方は沢山いると思います。

僕も前までブログを書き続けていたのですが、ずっと1日のPV数が数件程度でした。

僕は知名度もコネもない状態からブログを始めたのですが、Youtuberを始めてからは月数千PVの規模までブログを成長させることができました。

本記事では僕の経験談をもとにどのようにYoutubeを使ってブログを成長させたのかお話していきたいと思います。

この記事は以下のような方を対象者としています。

本記事の対象者

  • ブログ初心者の方
  • 現在ブロガーで閲覧数で伸び悩んでいる方
  • ブログ活動に興味がある方
  • Youtuber活動とブログ活動を並行して取り組んでいる方

前置き:1つのことだけ頑張るのはもうやめましょう

本題に入る前に、まずこの記事で一番伝えたいことを先に書きます。

成果を出したいなら常に新しいフィールドでチャレンジすることが重要です。

例えば、ブログ活動だけを普通に頑張っていてもまず間違いなく誰にも見られず埋もれます。

なぜなら同じことをするライバルが何百万人といるからです。

他の人よりも目立ちたいなら、情報発信をするフィールドを多く持つ必要があります。

ご参考までに、僕が持つ情報発信プラットフォームは以下の6つです。

Point

  • ニコニコ動画 : 踊ってみた・歌って見た動画配信用
  • WEAR : 東南アジア・ダナンのファッション配信用
  • Youtube : 海外移住、プログラミング、ベトナム・ダナンでの生活情報配信用
  • Twitter : プログラミング情報、動画投稿周知用
  • Instagram : ベトナム暮らしの様子・写真投稿用
  • ブログ : 海外移住、プログラミング、ベトナム・ダナンでの生活情報配信用

発信頻度に差があるものの、ブログのみで活動していた時よりも数十倍の速度でブログの集客率が上がりました。

その中でもダントツで効果的だったのがYoutubeでした。

それでは早速本題のYoutubeとブログを同時にやるべき理由について順番に説明していきます。

1.Youtubeの方が検索して見つけられやすい

ブログの場合はすでに多くのブロガーが記事を書いており、ぶっちゃけ素人が入り込む余地がないです。

自分が書いた記事が見つけてもらえないので、記事を書いても書いても意味がないのです。

そのため、ど素人の知名度0のブロガーがブログ記事を見つけてもらうには「ユーザを自分のブログ記事へ誘導」する必要があります。

そのための誘導元がYoutubeというわけです。

なぜならYoutubeはブログと比べ競合が少なく、自分の作ったコンテンツを見つけてもらえる確率がブログよりも何倍も高いからです。

詳しくは以下記事の内容をご覧いただければと思います。

【YouTube SEO最適化】登録者数10名の僕が検索順位1位が取れた話【2020年】

弱小Youtuberの自分の動画をYouTubeの検索エンジンで上位に表示できた話です。 いくつかYoutubeの仕様を理解すれば、新規参入でも全然上位表示は可能です。 僕はYoutube活動を1ヶ月前くらいから本格的に始めました。 当然登録者数は0からスタートして、現在は登録者数はなんと 10名です笑 しかし、0から始めた場合でも 「ダナン 移住」のキーワードで検索順位1位を獲得できました。

2.Youtubeの動画からブログへ誘導しやすい

Youtube活動を始める前の僕のブログの平均閲覧ユーザ数は5~6人いれば多い方でした。

Youtube活動を始めてからは1日平均70~90人が僕のブログサイトへ訪れるようになりました。

Googleアナリティクスで自分のブログ記事への流入経路をチェックすると、約7割がYoutubeの概要欄からブログへアクセスされていることが分かりました。

つまり、僕のブログの読者の方々の多くはYoutubeで動画を閲覧した後にブログ記事を見る方が多いということになります。

このようにブログ側でコンテンツを用意(おそらく15~20記事程度)したら、Youtube->ブログ記事へ誘導するのが最効率です。

3.Twitter×Youtubeでブログ記事流入へ繋げられる

Youtubeで動画投稿を行ったら、必ずTwitterで動画を投稿したことをみんなに広めましょう😌

そうすることで、新規の読者の方にも自分のコンテンツの存在を知らせることができます。

やり方は簡単で投稿動画の下の共有というボタンを押下ー>Twitterのボタンを選択するだけです。

下記参考画像を添付します。
Tranquilpeak

あとはツイートする前に忘れてはいけないのがタグ付けです。

タグ付けとは#から始まるキーワードを指し、ユーザが自分に興味のあるタグを元に検索ができる機能のことです。

このタグと共にTwitterで周知することで、より自分の動画を拡散することができ、最終的にはブログ記事へアクセスを繋げることができます。

4.良質なユーザをブログ記事へ流入できる

まずは良質なユーザの定義からお話しします。

ここで言う良質なユーザとはブログ記事や動画に興味を持ち、長くコンテンツを閲覧してくれるユーザを指します。

例えばブログサイトに訪れるユーザが増えても、ブログサイトでの滞在時間が5秒くらいだったとしたら広告収入も0です。

大事なのはいかにユーザの興味を引き、自分のコンテンツに興味を持ってもらえるかに尽きます。

僕のYoutubeからブログ記事へアクセスしてくれるユーザの多くは以下のような方が多いはずです。

「動画でそう言えばブログがどうとか言ってたな、どんなブログ記事を書いているのか見てみるか」

このようなユーザの方は長い時間ブログサイトに滞在してくれる良ユーザのケースが多いです。

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございました。
やってみてわかったのですが、全く知名度のないど素人がブログや動画で成果を出すためには色んなサービスを駆使してファンを獲得することがとても重要だと痛感しました。

今後もど素人なりに頑張っていこうと思います。

僕のブログサイト「kzy.tech〜日本脱出のための教科書〜」どのようなサービスで作られているかが気になる方は以下別記事にてご説明していますので、ご覧いただけますと小躍りして喜びます💃

【コピペOK】HUGOでアフィリエイト用ブログサイトを作ろう

手間暇かけずにサクッとアフィリエイト用のブログサイトを作りたいという方向け。

ある程度自由にカスタマイズできる、かつコマンド一つで 記事の自動生成ができる静的サイトジェネレータ「HUGO」についてまとめました。

また、海外移住の 英語とプログラミングを習得することを推奨しています。
これは私の経験則から言えることですが、上記二つのスキルがあれば海外移住は絶対に実現できます

以下に僕が実際に使って効率よくプログラミング学習ができるおすすめサービスを載せます😌

速習!おすすめプログラミング勉強法【Udemy】

いくつかプログラミング学習サービスを利用しましたが、一番効率よく勉強できると感じたのはUdemyでした。

Udemyでは動画での説明や解説等もあり親切で、学習教材も豊富にあることから プログラミング初学者の方が短期間でエンジニアを目指したいのであれば、非常に良い教材だと思います。

ちなみに私は文系卒で社会人になってから独学でudemyを使ってプログラミングの勉強をして、実際にエンジニアとして採用されました

Udemyのコースは1つ1,000円ほどなので、ITの参考本を一冊(3,000円)を買うよりもUdemyのコースを購入する方が安い上により効率的にプログラミングを勉強できると思います。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

また、別記事にてダナンでの生活やIT関連についても記事を書いていますのでクリックいただけると嬉しくて踊ります💃

関連記事

【副収入】ノーコードで楽してアプリ開発して稼ぐためのまとめ

お金をかけずに楽してアプリ開発ができないか色々調査したのでその備忘録。 無料でコードを書かずにアプリを開発し、AdMob(モバイルアプリ収益化サービス)で広告をつけて副収入を得られないか考えている方向けです。

【Udemy評価】Pythonコースを課金してみた件【2020年】

UdemyでPythonを学ぼうか迷っている人向け。 当記事では僕が実際にUdemyのPython教材を購入し、学習した感想を書いていきます。 この記事は以下のような方を対象者としています。

【ダナンで転職】東南アジアでの海外就職に強い採用エージェント5選

海外で暮らしたいなと考えても、具体的にまず何をすれば良いのかが分からないという方が多いかと思います(僕も実際にその一人でした。) 何から始めれば良いのか、またどのような点に気をつければ良いのか、また僕が利用して良いなと感じた転職エージェントもご紹介します。