仮想通過マイニングをMacBookで1週間ほどやってみました。

一体いくらくらい稼げるのか、1日何時間くらいマイニングをしていたのか含め本記事で説明します。

目次

前置き:マイニング環境について

下記が私のマイニング環境となります。

Point

  • マイニング通過:Etherium(イーサリアム)
  • マイニング機材:MacBook M1チップ
  • マイニングネット環境:Wifi 170Mbps

また私の場合マイニングプール(集団採掘)方式を選択したので、特にマイニング専用機材等も購入していません。
(利益が未確定のものにあまりお金をかけたくなかったためです。)

食事中や入浴中など自分がPCから離れる時にコツコツマイニングできたらいいなということで、マイニングプールを始めました。

やり方については下記2記事で詳細説明しております。

【イーサリアム(ETH)】Macでマイニングのやり方をわかりやすく解説【前編】

Macbookで仮想通貨のマイニング方法をわかりやすく本記事で解説します。
Windows+高性能のグラフィックボードがマイニングでは必要とされていますが、Macでも仮想通貨のマイニングができました。
今回はビットコイン(Bitcoin)ではなく、イーサリアム(Ethereum)のマイニング方法に焦点をあてて説明します。

【コピペOK】M1チップで仮想通貨マイニングのやり方をわかりやすく解説【後編】

Mac m1チップで仮想通貨マイニングの方法をわかりやすく解説します。
ここ最近で仮想通貨の価値の乱高下が激しいので、買うのは二の足を踏んでしまいますよね。
そこで私は仮想通貨マイニングをして仮想通貨を発行する方が良いのではと思い、本記事を執筆することにしました。

マイニングって儲かるの?

結論、専用機でソロマイニング(単独採掘)でないと全然儲かりません。

下記が私が1週間で稼いだEtheriumです。

Tranquilpeak

0.00003イーサリアムです

円換算すると約8,27円です。

1日約2時間ほどマイニングを行っていましたが、時給換算すると1円未満になります。

なぜこれほどマイニングプールで儲かるのが難しいのか、解説します。

マイニングプールが儲からない理由その1 : 報酬のための承認がされない

マイニングとはブロック(一定数の取引情報)を生成できた際に報酬として仮想通貨が得られる仕組みです。

ただし、この報酬はブロックを生成したとしても必ずしももらえるとは限りません。

この生成したブロックが承認されて初めて報酬が発生します。

集団採掘の場合、ブロック生成への貢献度によって承認されるかどうかが変わります。

マイニングプールの場合(私の場合)はほとんど承認されることがありませんでした。

これはおそらくPCの性能、ネット環境によって左右されますが私の場合は2時間に1,2件承認されるかどうかでした。

マイニングプールが儲からない理由その2 : 報酬が少なすぎる

Tranquilpeak
続いてマイニングの報酬額についてもマイニングが儲からないと考える理由です。

私がマイニングを行った際は1件承認されるごとに約0.00001ETH (約2.76円)が※見積もり報酬として渡されました。

自分の仮想通貨ウォレットにマイニングで稼いだ仮想通貨を移動させるには、最低でも0.1ETH(約27,789円)が必要のようです。

これは0.1ETH稼ぐためにはおよそ27年かかる計算になります。

※見積もり報酬(Estimated Earnings)とはハッシュレート(マイニングをする際の計算スピード)から算出される暫定的な報酬を指します。

このハッシュレートは直近24時間から計算されるので、時間が経つと変わります。

そのため、24時間が経つまでは本当にいくらマイニングで稼げたのか知ることができません。

マイニングプールが儲からない理由その3 : PCへの負担が大きい

マイニングを行う際にはGPUを使って処理を行います。

そもそもマイニングは本来マイニング専用機を購入するくらい複雑な処理が求められます。

それを普段使いのPCで行うので、相当な負担がPCにかかります。

実際にMacbook M1チップを使ってマイニングをすると、ブラウザを開くのにも動きがカクツクくらい負担がかかります。

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございました。

上述の通り、個人的にはマイニングに時間を使うよりも別のことに時間を使った方がいいと思いました。

また、僕のブログサイト「kzy.tech〜日本脱出のための教科書〜」どのようなサービスで作られているかが気になる方は以下別記事にてご説明していますので、ご覧いただけますと小躍りして喜びます💃

【コピペOK】HUGOでアフィリエイト用ブログサイトを作ろう

手間暇かけずにサクッとアフィリエイト用のブログサイトを作りたいという方向け。

ある程度自由にカスタマイズできる、かつコマンド一つで 記事の自動生成ができる静的サイトジェネレータ「HUGO」についてまとめました。

また、海外移住の 英語とプログラミングを習得することを推奨しています。
これは私の経験則から言えることですが、上記二つのスキルがあれば海外移住は絶対に実現できます

以下に僕が実際に使って効率よくプログラミング学習ができるおすすめサービスを載せます😌

速習!おすすめプログラミング勉強法【Udemy】

いくつかプログラミング学習サービスを利用しましたが、一番効率よく勉強できると感じたのはUdemyでした。

Udemyでは動画での説明や解説等もあり親切で、学習教材も豊富にあることから プログラミング初学者の方が短期間でエンジニアを目指したいのであれば、非常に良い教材だと思います。

ちなみに私は文系卒で社会人になってから独学でudemyを使ってプログラミングの勉強をして、実際にエンジニアとして採用されました

Udemyのコースは1つ1,000円ほどなので、ITの参考本を一冊(3,000円)を買うよりもUdemyのコースを購入する方が安い上により効率的にプログラミングを勉強できると思います。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

また、別記事にてダナンでの生活やIT関連についても記事を書いていますのでクリックいただけると嬉しくて踊ります💃

【Udemy】未経験から始める格安プログラミング講座4選

未経験だけどプログラミングを学んでエンジニアになりたい、社会人だから時間もそれほど多く無いので効率よく勉強したい。 私もその内の一人でした。今回の記事で最短でエンジニアになるためのおすすめUdemy講座4選をご紹介したいと思います。

【flutter】他クラスの関数/変数を使う方法をわかりやすく解説

こんにちはkzyです。 flutterで他クラスの関数や変数を使う方法を探している方向け。 開発を進める上で他クラスから値をインポートして使うことは頻繁にあると思います。 どのように他クラス内のデータにアクセスするのか、検証したソースコードでわかりやすく解説したいと思います。

【個人開発】副業でアプリを作りたいならサーバーは契約しない方がいい理由

個人で副業のためにアプリ開発をしてみたいと考えている方向け。 iOS/Androidの個人アプリ開発の場合データのやりとりを行うため、サーバを契約する人が多いです。 しかし、考えなしにサーバを契約するのは非常に大きなデメリットがあるため、私はあまりオススメしません。 ではどの様にしてお金をかけずにアプリ作りができるか、なぜFirebaseを使うべきなのかこの記事で解説していきます。

【海外にもある!?】海外就活でブラック企業を回避する方法

海外での就活を考えている方向けの記事です。 ブラック企業は日本企業のイメージがありますが、そんなことはありません。 日本の就活とは違う点、また海外の就活で失敗しないために事前に知っておいた方が良い情報を本記事にてまとめていきます。

【ダナンの物価】ダナン在住者が伝える2020年ベトナム最新状況!

最近観光地として人気が高まっているダナンですが、近年物価の変動が大きくなっていっているように感じます。 2019年〜2020年でのダナンの物価はどのようなものなのか、ダナン在住者として現地の声をお届けできればと思います

【残業大国】日本の異常な労働環境をベトナムで働いてみて実感した件

日本ってやっぱり「働く」ことに関しては異常ですよ。 「お客様は神様」精神、残業を美徳とする文化、過労死という言葉を作り出してしまう労働環境。 今回は日本の異常な労働環境をベトナムの労働環境と比較しながら説明したいと思います😱

【海外移住】ベトナムに移住したら日本の8億倍住みやすかった件

海外移住を始めて2年ほどが経過しました、日本に住んでいた時と今ベトナムに移住してからとでどのように生活が変わったのかをこちらの記事にまとめていこうと思います。

【ダナンの家賃】日本相場の半額以下!?ベトナム家賃相場調査!

ベトナム・ダナンへ移住を考えている方向け。 海外移住をする上で家賃相場を事前に知っておくことは生活費がどれくらいかかるのか計算ができるので非常に重要です。 こちらの記事で家賃相場、賃貸契約の流れ、賃貸契約時のトラブルについて解説していきます。

【おすすめ】Udemy講座でAWS ソリューションアーキテクト アソシエイトを一発合格できた件

AWS ソリューションアーキテクトの勉強をしている方向け。
Udemyでのおすすめ講座、一発合格のための勉強方法から受験の手順まで本記事でまとめました。
認定試験の受験を考えている方には必見です。

【python】文字認識で画像からテキストを出力するやり方をわかりやすく【Tesseract&PyOCR】

こんにちはkzyです。 今回は文字認識ライブラリのPyOCRとTesseractを使って画像からテキストを抽出したいと思います。 環境構築含めpythonでの文字認識のやり方を簡潔に説明できればと思います。

【コピペOK】flutterのSizedBoxとExpandedの違いをわかりやすく

flutterでオブジェクトのサイズ調整の理解が曖昧な方向け。 flutterでアプリ開発を行う際に頻出する項目の一つのため、この記事でなるべくわかりやすく解説します。

【python】文字認識したテキストをエクセルに出力するやり方をわかりやすく【PyOCR + XlsxWriter】

こんにちはkzyです。 今回はPyOCRで文字認識したテキストをエクセルに出力する方法を解説します。 具体的にはXlsxWriterというライブラリを使用してPythonスクリプトからエクセル操作を行います。